役に立つこと&楽しいこと

Napbuz

レビュー

PSVRを1年使用して感じた良いところ・悪いところ

投稿日:2018年1月6日 更新日:

PSVR

2017年1月26日、PSVRを求めて寒い中ビックロの抽選に並び、めでたく当選してGETしました。 それから約1年間、PSVRを使用して感じた良いところ、悪いところをレビューしたいと思います。

PSVRの良いところ

  1. スマホのVRアプリ、VR映像よりも没入感が圧倒的に凄い。
  2. コンシューマーゲーム機(PS4)でプレイできる。
  3. コンテンツが増えてきている。

① スマホのVRアプリ、VR映像よりも没入感が圧倒的に凄い。

PSVRを入手する前は、Google Cardboard等のスマホのVRコンテンツを見て、それなりに楽しんでいました。

しかし、PSVRのVRは、スマホのVRよりも、没入感が段違いに高いです。 まるで別物です。

VRのビデオ映像でもレベルが全く違いますが、特にその差が歴然としているのは、ゲームです。

PSVRのゲームをやったら、スマホVRのゲームはまるでおもちゃのように感じるでしょう。

② コンシューマーゲーム機(PS4)でプレイできる。

PSVRが発売されるより前、パソコンを使用すれば家庭でも本格的なVR体験ができました。 しかし、パソコンでVRをやろうとすると、相当ハイスペックなパソコンが必要で、高価なVR装置を購入する必要があるため、最低でも数十万円の投資が必要でした。

PSVRは、PSVR本体とPS4両方を購入しても約10万円で済みます。 10万円も決して安い価格ではありませんが、パソコン用VRにかかる費用よりはだいぶ安く済みます。 もしPS4を既に持っているなら、約5万円の出費で済みます。

③ コンテンツが増えてきている。

PSVRを購入した1年前は、VR対応のゲームソフトの数は数えるほどしかありませんでした。 しかし、徐々にではありますが、VR対応のゲームソフトの数も増えてきています。 また、YoutubeのVRコンテンツにも対応しています。

PSVRの悪いところ

  1. 画質
  2. 接続が複雑
  3. レンズが汚れやすい

① 画質

VRモードにすると画質がガクッと落ちます。 通常版とVR版の両方があるゲームの場合(最近ではSkyrimなど)、VR版の画質は通常版より相当落ちるのが分かるでしょう。 Youtubeの動画も同様で、VRモードにすると画質が落ちます。

メーカーのSONYでは、おそらく次期PSVRの研究開発を行っていると思いますが、画質は第一に改善して欲しいところです。

② 接続が複雑

PS4とPSVRの接続手順が結構複雑です。 一度接続を完了すれば良い話しなのですが、早くプレイしたい気持ちを抑えつつ、取扱説明書と格闘することになります。 次期PSVRではもうちょっと接続がシンプルになると嬉しいです。

③ レンズが汚れやすい

PSVR本体の内側に付いているレンズが汚れやすいです。

PSVRレンズの汚れ

上の写真のような汚れが付き、ゲームをプレイしていると視界の邪魔になります。

PSVR公式サイトのお手入れ方法には、レンズの汚れは『柔らかい布で拭く』とあります。 メガネをクリーニングするような柔らかい布は必須と思います。

PSVRは買い?

私が購入した2017年当時、PSVRは非常な品薄状態が続いていて、公式サイトなどネットショップでは秒殺で売り切れ、家電量販店では前の日から徹夜で並んでやっと購入できる状態でした。 また、Amazonではいわゆる「転売屋」が、定価よりはるかに高い価格で販売していました。

現在、Amazonでも定価でPSVRがスグに購入できるようになっています。

家庭で本格的なVRを安価で体験したい場合、現在のところ「PSVR」が一番ですので、『VRを体験したい! 非日常を味わいたい!』という方は、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

一番オススメのゲーム

私がPSVRで一番オススメしたいゲームは『Rez Infinite』です。

特にPSVR用に作られた新ステージ「Area X」は圧巻。 PSVRでプレイすると、沢山の光の粒の中を飛んでいる感覚が味わえます。 PSVRをお持ちでプレイしたことの無い方、また、これからPSVRを購入する方は、是非プレイしてみてください。 凄いです。

-レビュー

Copyright© Napbuz , 2018 All Rights Reserved.