Google Cloud OnBoard 2017 – TOKYOへ行ってきました

Google Cloud on Board 2017

本日、「Google Cloud OnBoard 2017」へ行ってきました。 昨年に続いて2回目でしたが、新しいサービスもリリースされていましたので、ちょっとブログに書きたいと思います。

新しいGCPサービス「Google Cloud Spanner」

今日のセミナーで一番面白く、興味を持った話しは、「お手洗いがスケールアウトしない」という話しではなく、「Cloud Spanner」の話しでした。 「Cloud Spanner」は、簡単に言ってしまうと、「オートスケーリングするRDBMS」です。

RDBMSは水平スケーリングしようとすると、いろいろな問題を抱えます。 そのため、MySQLやPostgreSQLといったRDBMSを拡張する場合、オンプレミス環境では「ディスクを増やす」「メモリを増やす」といった「垂直スケーリング」をするしかありませんでした。

今年登場した「Google Cloud Spanner」は、例えばウェブサーバーをオートスケーリングさせるようなイメージで、RDBMSを水平スケーリングさせることができるサービスです。

Googleでは、「AdWords」などの運用で水平スケーリングできるRDBMSを既に数年間運用してきたそうで(5年と言ってたかな?)、それをGCP上で一般ユーザーが使えるようにしたのが、「Cloud Spanner」ということでした。

私の仕事では、オートスケーリングが必要な程のサービスは現在のところありませんが、「Cloud Spanner」で大きなメリットを享受できるサービスもあるのではないかと思います。

「GoPiGo」欲しい・・・

「Google Cloud OnBoard」の直接の内容ではありませんが、休憩時間などにスクリーンで流されていた動画の中に、面白いものがありましたのでご紹介したいと思います。

それは「Raspberry Pi」がベースになっているロボット「GoPiGo」です。

↑こちらの2つの動画が、スクリーンで流されていた動画の一部ですが、これを見ると、「GoPiGo」がリアルタイムでGCP上のサービスとリンクして、顔認識による感情判定やオブジェクトの判定を行ったり、人の声によるコントロールができたり、手書きの文字を認識していることが分かります。

「GoPiGo」は「Raspberry Pi」ベースなので、プログラム次第で色々と面白いことができそうですし、プログラミングなどを楽しく勉強できそうですね!

「GoPiGo」欲しい・・・

その他

会場は満員でしたが、長テーブルに2名ずつでしたので、1日の長いセミナーも楽に聞けました。 また、昨年と同様、無料のセミナーにもかかわらず、お弁当が支給されました! 今年は洋風弁当と和風弁当があり、私は↓こちらの和風弁当を選択しました。

配られたお弁当

また、最後まで聞いて、アンケートを提出した人には受講の「認定証」と、「Google Cloud OnBoard」のオリジナル・タオルがプレゼントされました。

Google Cloud Platformのような素晴らしいサービスの話しを聞くと、良い刺激になりますねぇ。 日常の仕事に追われていると、ついつい目先の問題解決に囚われてしまいがちですが、忙しい中でも時間を作ってこのようなセミナーに参加することはとても大切だなぁ、と改めて感じた一日でした。