リンク切れチェッカーをバージョンアップしました

花火

リンク切れチェッカー – 1Page Broken Link Checker をバージョンアップしました。

改良点

今までは、リンク先のHTTPステータスコードが「404」の場合に「リンク切れエラー」としていましたが、

  • HTTPステータスコードが404のみエラーとする。
  • HTTPステータスコードが400番以降をエラーとする。
  • HTTPステータスコードが200番以外をエラーとする。

上記3つのエラーチェックパターンから選択できるようになりました。

改良の理由

厳密には、「リンク切れ」はHTTPステータスが”404″の場合にエラーとすれば良いとも考えられるのですが、このようなエラーチェックツールを利用するケース、シーンを考えると、404以外のエラーも検出できた方が良いこともあるのではと考えたのが改良の理由です。

でも、一律に「400番以降をエラーにする」とか「200番以降をエラーにする」としてしまうのも乱暴なので、必要なチェックレベルを選択可能としました。

一般的なエラーをチェックしたい場合は、「400番以降をエラーとする」でチェックすると良いかと思います。

当ツールでチェックできるHTTPステータス/チェックできないHTTPステータス

HTTPステータスが301, 302など、検出できないコードがいくつかあります。

当ツールでチェックできるHTTPステータスとチェックできないHTTPステータスについて詳細は、リンク切れチェッカー – 1Page Broken Link Checker のページを参照してください。

※任意のHTTPステータスコードを返してくれる「httpstat.us」を利用して動作テストを行いました。